べんぜんの部屋

〜薬学生が書く、薬学生に向けたサイト〜

薬学部でアルバイトはいつまでできるのか

薬学生でアルバイトについてお悩みの方は必見です。

勉強や実習が忙しくなりそうで、バイトを始めるのが不安である。

薬学部では何回生までアルバイトができるの?

お金には困ってないけど、学生のうちにバイトをするメリットはあるの?

どんなバイトがいいんだろう。

と考えていませんか?

本記事では、下記の内容を解説します。

この記事を書いている僕は、現在薬学部4回生です。

今まで8種類のアルバイトをしてきて、様々な職種の裏側を知ることが出来たり、幅広い人間関係を構築することができました。

現在もアルバイトと勉強を上手く両立させています。

薬学部でアルバイトはいつまでできるのか

それでは、まず結論から述べると

薬学部の学生でも、1〜6回生までアルバイトをずっと続けることは可能です。

なぜならば、僕の大学でも5回生の実務実習の期間は日曜日だけバイトをしていた人や、6回生の国家試験勉強をしながら、息抜きの時間として4時間だけバイトするなどしている人は結構いました。

実習や勉強量は増えてきて忙しくなりますが、自由な時間はあるので安心して下さい。

ただし、他学部に比べるとそれなりに忙しいのでバイトに入る時間を短くしたり、回数は少なくしないといけなくなることは覚えておいてください。

勉強に支障が出ないか不安な方もいると思いますが、僕の先輩たちもバイトをしながら皆ストレートで卒業していますので、そんなに心配しなくても大丈夫です。

バイトが楽しくなって、勉強が疎かになることがないように注意しましょう。(留年だけはダメ)

薬学生におすすめのバイトの選び方

時給の高いバイトを選ぶ

忙しい薬学生にとって短時間でたくさんお金を稼げたら理想的ですよね。

アルバイトを探していると、時給が高い求人もあります。

時給が高いからといってしんどいアルバイトや危険なアルバイトとは限りません。

それだけ需要がある・今すぐにでも人手が欲しいという理由で時給を上げていることもあります。

なので、ぜひ時給の高いアルバイトにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに僕が結婚披露宴やホテルの配膳スタッフをしていたときは時給1400円ほどでした。

結婚式はお客様にとって人生で一度きりの日でもあるので、やりがいのあるバイトでした。

友達と一緒に応募して同じ場所で働く

一人でアルバイトを始めるのは心細い、不安だ、と思う方も多いんではないでしょうか。

求人には、友達と応募可能と記載されているところもあります。

慣れない職場で知っている人がいるだけで安心できますし、バイトが楽しくなりますよね。

職場の人たちとも、友達の話題を通して早く馴染めるのではないかと思います。

ただし、毎回希望のシフトが通って、友達と一緒に勤務できるとは限りませんので注意しましょう。

単発・短期バイトを選ぶ

忙しい薬学生にとって、学校がある期間にアルバイトをするのが嫌な方もいると思います。

毎日の勉強の復習や実習レポートに集中したい人もいますよね。

そんな人には単発・短期バイトをおすすめします。

あまり知られていませんが、大学ではオープンキャンパスサポーターや図書館の整理、下級生のレポートの添削などのアルバイトも定期的に募集されたりしています。

これらの大学のアルバイトは1日だけで比較的に楽な割に結構お金がもらえますので、ぜひ自分の大学で探してみてください。

ちなみに僕は、春休みの時にバレンタインのチョコ販売のバイトを短期で2週間だけしましたが、短期間で10万円ほど稼ぐことができ良かったですよ。

シフトの融通がきくバイトを選ぶ

テスト前とテスト期間を合わせると、用心深い学生さんなら勉強のため約2ヶ月はバイトを休みたいのではないでしょうか?

それを理解してくれるバイト先もあれば、休ませてもらえなかったり・怒られたりするバイト先もあります。

なので、面接の時に必ず店長にテスト期間は長期休暇を頂くことについて相談しておきましょう。

ギリギリになってから言うのはバイト先にも迷惑がかかってしまうため注意しましょう。

学生がバイトをするメリット(おまけ)

アルバイトのメリットはお金がもらえる事だけではありません。

社会人になると、そうそう転職はできません。

学生のうちは、バイトという身分で色んな職種の経験ができ、業界の裏側を知ることができます。

さらにそこでは、社会人としてのマナーや医療人として大切なコミュニケーション能力を磨くこともできます。

大学で出会えない幅広い年代の人と関われるチャンスもあります。

さいごに

薬学生が忙しいのは十分承知です。(僕もそうなので)

ただ、高学年になってくると、ディスカッションしたり発表したりする機会が増えてきます。

そこで知らない人たちともコミュニケーションを取らないといけません。

週1回からでもいいので、色んな経験や新しい刺激をアルバイトを通して獲得してみてはいかがでしょうか?

それでは

ここまで読んでくれたあなたに

ぜひ、一歩踏み出してアルバイトを始めてみましょう!!

下にある【マッハバイト】は210,000件以上の仕事情報を掲載していてバイトが探しやすいです。

ここから調べて採用されたら最大1万円!!

最低でもお祝い金5,000円がもらえるキャンペーン中ですので、今すぐチェックしてみましょう!!(全然あやしくないので心配しないでください)

↓↓コチラからどうぞ‼︎