薬学部はゴロでイチコロ!

このサイトでは、手描きイラスト付き薬学ゴロや薬学部に関する様々な情報を発信しています。

ビタミンA(レチノール)の欠乏症と過剰症のゴロ(覚え方)|薬学ゴロ

ビタミンA(レチノール)の欠乏症と過剰症のゴロ(覚え方)

f:id:yakugakun:20200503164845j:plain

荒→【ビタミンA(レチノール)】
れ地→レチノール

夜→夜盲症(欠乏症)

最近→催奇形性(過剰症)

ガイコツ→頭蓋内圧亢進(過剰症)
が多い→過剰症

ビタミンA(レチノール)

・主な欠乏症は夜盲症である。

・主な過剰症は催奇形性頭蓋内圧亢進がある。

レチノールレチナールは11-cis-レチナールとなって目の感光物質として働くロドプシンの原料となる。

レチノイン酸は核内受容体に結合し、特に上皮細胞の正常な分化に関与するタンパク質の遺伝子発現を転写レベルで調節し、細胞の正常維持、細胞分化誘導、免疫機能に関与する。

問題演習(ゴロを使ってみよう)

次のうち、ビタミンAの欠乏症はどれか?1つ選べ。

1.壊血症
2.催奇形性
3.夜盲症
4.頭蓋内圧亢進
5.骨軟化症

ビタミンA(レチノール)の欠乏症と過剰症は
「荒れ地の夜、最近はガイコツが多い」で覚えましょう。

解答はです。

あわせて覚えよう!

ビタミンD(コレカルシフェロール)の欠乏症のゴロの記事

www.benzenblog.com

ビタミンC(アスコルビン酸)の欠乏症のゴロの記事

www.benzenblog.com

このゴロを気に入った薬学生へ

Instagramでは毎日最新のイラスト付きゴロを発信しています。

ちょっと楽に暗記してみませんか?

www.benzenblog.com