薬学部はゴロでイチコロ!

このサイトでは、手描きイラスト付き薬学ゴロや薬学部に関する様々な情報を発信しています。

免疫グロブリン(抗体)分子量のゴロ(覚え方)|薬学ゴロ

免疫グロブリン(抗体)分子量のゴロ(覚え方)

f:id:yakugakun:20200503161814j:plain

オー→【大きい(分子量)】
マ→M(IgM)
 →A(IgA)
イ→E(IgE)
ドッ→D(IgD)
グ→G(IgG)

免疫グロブリン(抗体)

抗体は、H鎖定常部の違いにより5つのクラスに分けられる。

分子量は大きい順にIgM(五量体)>IgA(二量体)>IgEIgDIgGとなる。

問題演習(ゴロを使ってみよう)

次のうち、分子量が最も大きい抗体はどれか?1つ選べ。

  1. IgD
  2. IgA
  3. IgM
  4. IgG
  5. IgE

免疫グロブリン(抗体)分子量は
「オー!マイドッグ!」で覚えましょう。

解答はです。

あわせて覚えよう!

免疫グロブリン(抗体)濃度のゴロの記事

www.benzenblog.com

抗体分子のクラススイッチのゴロの記事

www.benzenblog.com

このゴロを気に入った薬学生へ

Instagramでは毎日最新のイラスト付きゴロを発信しています。

ちょっと楽に暗記してみませんか?

www.benzenblog.com